企業がせっかく優れた商品やサービスを開発しても、適切な販売促進を行なわなければ利益を生み出す事はできません。利益を生み出すためには、需要を掘り起こすことから初めて周到な戦略を練る必要があります。つまりその商品やサービスは、それ自体が優れているというだけではなくて、市場から求められているものである必要があるのです。乱暴な言い方をすれば、市場のニーズを無理矢理こちらに向けさせることさえ必要になってくるのです。経営学の分野では過去に行なわれてきた優れたマーケティング事例の歴史が語られますが、普遍的な成功事例としては、利益を生み出すための仕組みを作るというのがその本質です。したがって優れた商品開発を、その仕組み作りに美味く繋げていく必要があるのは当然です。

AIDMAの法則とはなにか

販売促進は、商品開発から始まってそれを販売して利益を生み出すまでにひとつの優れたストーリーを描くことです。その手法としてはAIDMAの法則が参考になるはずです。
これはAttention・Interest・Desire・Memory・Actionの頭文字を繋げたものです。日本語では「注意を喚起・興味を持たせる・購入したいと願う・記憶に留める・購入する」というものです。つまり、ある人がなにかのきっかけでとある商品のことを知り、何となくその商品に興味を覚えるようになります。そして漠然とその商品を購入したいと願うようになり、記憶に留めておきます。その後にその商品を購入するという消費者行動を一連の運動として理論化したものです。
この段階では優れた広報活動が求められているといえるでしょう。

AISASの法則とはなにか

この理論をより今日的に洗練させたのがAISASの法則です。これはAttention・Interest・Search・Action・Shareの頭文字であり、日本語では「注意を喚起・興味を持たせる・ネットで調べてみる・購入する・口コミをする」というものです。
ある人がなにかのきっかけで商品の存在に気づき、興味を持つところまでは前者の法則と同じです。そこから先はインターネットやスマートフォン、更にはウェブサイトやSNSに展開し、販売社の宣伝活動だけではなく消費者がその宣伝活動に加わってより大きな成果をもたらすというものです。つまり商品に興味を持った人は、インターネットで検索して商品を探したりその特徴を理解しようとします。そして購入します。そこで終わるのではなく消費者は、その満足度を販売者の公式ウェブサイト・ブログ・SNSなどで口コミを通じて表明します。するとそれを見た他の人々がその商品に興味を持ち購入に至りさらに口コミを、という循環が発生します。
このように消費者をも巻き込んだ販売促進として、AISASの法則は優れた手法であるといえるでしょう。