商品やサービスの売上げアップ、販売促進を狙った活動

私達の社会では、日々様々な商品やサービスが提供されています。しかし、新しい商品や新サービスを提供しても、適切な販売促進を行わなければ消費者に理解してもらえません。特に既存の商品やサービスにアレンジを加えた物だと、既存の物で良いと考える消費者は多くいます。新しい物よりも、馴染みある物を使い続ける方がリスクが少ないですし、どちらが良いか比較や検討するのも面倒です。これら消費者側の考えを踏まえた上で、新しい物を提供する時は販促の仕方を考えることが重要だと言えます。販促とは、主に商品やサービスの価値を伝えることが目的になります。物の価値が消費者に正しく伝われば、新しい商品や新サービスの消費が進むようになります。逆に正しく伝わらないと、一向に消費が進まなくなります。適切な販促を実行したいです。

販促の種類、宣伝方法を知ろう

商品やサービスの事を宣伝することで販売促進に繋がります。主な宣伝方法の種類は、テレビやネット、チラシや販促品の配布などがあります。テレビだとCMや番組内で紹介されることがあります。テレビでダイエット食品などが紹介されると、翌日のスーパーは紹介された食品が品薄になるといった現象が良くあります。物の価値が消費者に正しく伝わった例だと言えます。他にも、販促品というグッズを商品やサービスに付与する活動があります。例えば、サービス利用者にキーホルダーやぬいぐるみなどのグッズをプレゼントする活動があります。人気の高いマスコットキャラクターをグッズ化して提供することで、特定のファン層の消費を進めることができます。良くある例だと、自社のマスコットキャラクターをグッズ化したり、アニメや漫画とコラボしたりといった活動があります。

販促の効果はどんなものか?

実際に商品やサービスを宣伝してみて、得られる販促効果はどんなものか?まず、テレビやネットで大々的に宣伝すれば、商品名やサービス名、提供している会社名などを消費者に認知してもらえます。認知度の高さは勢いを現していると考えられます。消費者の傾向を分析すると、認知度の低い物よりも認知度の高い物を選ぶ傾向があります。CMで宣伝していたから安心、といった思考も認知度の高さが影響していると言えます。次に販促品の効果ですが、似たような商品やサービスなら、おまけが付いてる方がお得に感じる傾向があります。しかも、販促品を配布すれば、既存の商品やサービスと簡単に差別化することができます。販促品はお得感と他との差別化で売上げアップを見込むことができます。その代わり、販促品の開発コストが掛かるので、どれくらいの売上げアップが見込めるか計画を立てておく必要があります。